Search
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SOPHIA BANGKOK公式LINE
เพิ่มเพื่อน
☆クリックして下さい☆





健康と医療(不妊) ブログランキングへ
SOPHIA BANGKOK(性別適合手術)
↓手術を希望の方はこちら↓


SOPHIA BANGKOK ONLINE SHOP
↓ホルモン剤などの販売↓



新着記事
Recent Comment
  • ヒゲクリーム【ブラックポムトング】使用経過☆更新!
    こっしー (07/17)
  • ソフィアバンコク(FTM,MTF,不妊治療アテンド)〜不妊治療のSさんまとめ〜
    y.s (04/15)
  • ソフィアバンコク(FTM,MTF,不妊治療アテンド)〜不妊治療のSさんまとめ〜
    S (07/21)
  • ソフィアバンコク(FTM,MTF,不妊治療アテンド)ボランティア活動inナーサリー
    Rumi (07/13)
  • ソフィアバンコク(FTM,MTF,不妊治療アテンド)zooeyさん〜ダイレーション3〜/Sさん〜妊娠検査〜
    Y (06/22)
  • ソフィアバンコク 〜 SRS手術(FtM,MtF,不妊治療)説明会 in 名古屋 〜
    速水早紀 (04/11)
  • ソフィアバンコク 〜 SRS手術(FtM,MtF,不妊治療)説明会 in 名古屋 〜
    速水早紀 (04/02)
  • FTM,MTF,不妊治療アテンド『Sさん〜不妊治療〜』
    s-okinawa (01/04)
  • FTM,MTF,不妊治療アテンド『Sさん〜不妊治療〜』
    Y (12/31)
  • FTM,MTF,不妊治療アテンド(しおりん〜帰国〜)
    しおりん (06/20)
カテゴリ
更新月で検索
プロフィール
リンク
携帯QRコード
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
入院(闘病?)生活〜退院
2008年 2月15日〜2月17日

入院5日目
入院生活も残すところ、あと2日になりました。
相変わらずやることがありません。

雑誌も読み終わりましたが、
まだどこか見逃しているミニコーナーがないか必死に探しては
読んだりしていました(笑)

そういえば、このときくらいに、
ガモンクリニックで手術をして先に退院をしていたMTFの方が
アテンドさんを通して紹介され、お見舞いに来てくれたりしました。

久しぶりに人との触れ合い。
でも入院中はシャワーができないので、
アブラギトギトです。恥ずかしかったです。

それに、入院中ってなぜか、すっごいくだらないことでも
面白く感じちゃうんですよね!
それで笑うと患部に激痛が走る…って感じでした(苦笑)
あとクシャミやセキもするのが辛かったです。。。


入院6日目
長かった入院生活も明日で終わると思うと、なんだかウキウキしてきます。

この日は退院する安心からか1日中寝たりして、すぐに次の日になっていました。


退院日
いよいよ、1週間の入院を終え退院です。
いつも通り朝7時くらいに起きて朝食を済ませると、
ナースたちが2リットルのお水何本も持ってきました。

「こんなお水いらないよ〜。」と言うと、ナースが
「違います。このお水全部飲み干してください」と
恐ろしいことを平然と言うではないですか!

意味がわからず「え??どういうこと??退院は??」と聞くと、
お水をたくさん飲んで自力で排尿できるようにしないといけない、とのこと。

もう一秒でも早く病室から脱出(笑)したかった私は、
3本のお水を約15分で飲み干しました。

そしてナースコールでナースを呼ぶと
「お水はどこに隠したの???早く飲んで!!!」と言われて、
全部飲んだ、というとギョッという顔をされ、なんと恐ろしいことに
更に追加で3本持ってきました(笑)

更にこれを全部飲んだらカテーテルを外して退院準備する、と言われたので
もちろん、私は吐き気を催しながらも15分で飲み干しました。

それと同時に襲ってくる酷い尿意。

ナースコールをすると、ついにOKが出ました!

じゃぁ、1、2、3で尿道カテーテル抜くね。と言われて
「1、2、」と構えていたら「3」を言う前に抜かれました。
不意打ちは辞めてください、心臓に悪いです。
でも痛くなかったです。

その後は、1週間ぶりにベッドを降り、
地上に立ち上がります!
「槐 結羽、無事、宇宙から帰還しました!」などと脳内でおかしなナレーションを
しながらベッドを降りると、いきなりこけました

ナースの手を借りて、もう一度、立ち上がろうとすると…
あれれれれ?!?????
全然立てません。
立てないどころか2歩ほど歩いただけで頭がクラクラしてきます。

なんと、たった1週間の入院で私の筋肉は驚くほどに衰えていたのです。

でも急激に襲ってくる尿意。
なんとか病室の目の前にあったトイレに駆け込み、
1週間ぶりに自力でオシ○コです。

しかし、今回のオ○ッコは違います。
チ○コから出るのではなく太ももの間からチョロチョロと出てくるのです!!!

感激です。

その後は、手術室に行き、ガモン先生による検診とガーゼ抜きです。

検診ではガモン先生は「Dii mark, dii mark(とても良いです)」
としきりにおっしゃっていました。

その後は、ガーゼ抜きです。

そうなんです、作った膣の中になんと、とてつもなく大量のガーゼがギッシリ詰め込まれていました。
それを丁寧に1枚1枚剥がされます。
でも敏感な私のアソコ。剥がされるたびになんだか気持ち悪かったです。

終わったあとは病室に戻りダイレーションです。
スティックをアソコに突っ込みます。イヤン♪なんて言ってられません(笑)
だって痛いし、感覚が気持ち悪いんですから。

でもダイレーションは術後半年から一年ほど続けないと膣が浅くなったりするため
本当に大事なんです。
だから恥ずかしがらずにナースと一緒にちゃんとお勉強しましょう。

ダイレーション自体も1ヶ月くらいしてくると痛みも激減して、
気持ち悪さが気持ちよくなっていきますよ(笑)

ダイレーションが終わったら、シャワーをしてやっと退院になります♪♪
posted by: ソフィアバンコク | MTF手術経過(入院から退院) | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
入院・その2
2008年2月12日〜14日

入院2日目にやっと、患部を覆っていた石膏ボード(のようなもの)が取り外されました。
これは患部を固定するためにしていたみたいなのですが、
患部の痛みなんかよりもこの石膏ボードが太ももの付け根に当たっているほうが苦痛でした。

取り外されたあとは、寝返り禁止令が出されましたが、
痛みがいくぶん減ったように感じました。

しかし本当の苦痛はこれからなのでした…。


入院3日目

点滴を通してモルヒネ系の麻酔を入れているからか、患部の痛み自体はあまり感じません。
それよりも頭痛が酷かったです。術後は患部の痛みでわからなかったのですが、
3日目くらいになり、患部の痛みも減ってきたころから頭痛に気づきました。
ナースに聞くと、性別適合手術をした後は、ホルモンバランスの関係で頭痛がしばらく続くとのこと。
錠剤の頭痛薬をもらって飲みましたが、薬が切れると頭痛がやってくるので、
すごくイライラしました。点滴をしてても痛い頭痛ってすごくないですか??
体温を測ってみると、38.5度くらいありました。そりゃ、痛いわけだ。。。とほほ。
でもある程度は我慢するしかないので、日本から大量に持って来ていた雑誌を本読みながら
痛みをごまかしていました。


入院4日目
もらっていた薬が効いたのか、頭痛はだいぶ良くなりました。
でもたまーに頭痛がします。

でも頭痛や患部の痛みなんかよりもさらに辛いことがありました。

それは「時間」です。

ナースやアテンドの人が来てくれるのですが、
みんなが来ない時間以外はやることがなくて、テレビもMTVをずっと見ていたんですが
3日くらいMTVを付けっぱなしにしていると毎日同じ時間に同じ番組、
同じミュージックビデオが流れることに気づきました(笑)どんだけ見てるんだ、って感じですが(笑)
しかもひどいことに朝流した番組を夜にも流していたので、それはそれはつまらなかったです。
でもタイのMTVには日本の歌手も流れるんです!!
だからたまーに流れてくるジャニ○ズjrやリア・デ○ゾンちゃんのビデオで癒されてました。

でもそれでも時間が流れるのが異常に遅く…。

「あぁ、私は捕われの身。白馬の王子様よ、早くお迎えに来てくださってー!!」
なんて妄想していました。(笑)

ちなみにガモンクリニック(ヤンヒー国際病院も)は、
病室でインターネットがつなげるので、友達とSKYPEを利用して話したり
家族と電話したりしていました。でも、インターネットも飽きるくらい時間がありました。
posted by: ソフィアバンコク | MTF手術経過(入院から退院) | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
入院
2008年2月11日(入院1日目)

朝6時ころに目が醒め、
意識がはっきりしているのをナースに確認された後に
病室へ移動されました。

それまでは手術室で横になっていたんです。
しかもガモンクリニックの素晴らしいところは、
術後意識がはっきり戻るまでナースが真横で付きっきりでいてくれるんです!
私が起きたとき、ナースが横のソファーで寝ていたので呼んで起こしました(笑)

病室へ移動して、錠剤(おそらく抗生物質とか)を飲まされたあと、
30分もしないうちに日本食が入院食としてやってきました。

朝7時から日本食のフルコースです。

人から聞いた経験的に、この時、食べ物を見た瞬間吐いちゃったり、
まったく食欲がわかない、という人がほとんどらしいのですが…。

ごめんなさい、私、吐き気なんか一切なくペロリと平らげました(笑)

その後、麻酔がまだ聞いているのか寝たり起きたりの繰り返しです。
でも痛みといえば、そこまで痛くない。
すごく不思議でした。
少し鈍痛がするくらい。
痛みは人によって感じ方が違うようなので私の例は特殊だとは思いますが、
参考にしてください。
posted by: ソフィアバンコク | MTF手術経過(入院から退院) | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
カウンセリング〜手術
2008年2月9日

爆睡していましたが、やはり少し緊張のためか
予定より早く起きてしまいました。
とりあえず起きてからシャワーをしてメイク。

時間があったのでホテル内をうろちょろしたり、お外を見てみたりしていました。

思った事は「あれ???タイって別に日本と変わらないじゃん!」でした。
高層マンションも普通に立っていれば、ホテルだって日本の変なビジネスホテル行くより
全然綺麗です。それにデパートだって日本のデパートなんかよりも数倍大きいです。
この日でタイの悪いイメージがイイイメージにどんどん変わっていきました。

アテンドさんと待ち合わせ時間になったのでホテルロビーに行き、
移動用車でガモンクリニックへ。

入った瞬間、イメージしていた通りの綺麗なクリニックで感激しました!
「わー!!こんな綺麗なところで手術できるんだ!これなら安心。」と。

ガモン先生とのカウンセリングの前にガモン先生のマネージャー(奥さん)の
オームさんがいろいろとお話してくれました。
2月はタイの季節の中でも温度が低いので過ごしやすいんですよ、とか
タイで行きたいところありますか?とか。
オームさんにはなぜか気に入って頂けて、
その後、入院中お食事などに何回も誘われました。本当に優しい方です!!
(現在もオームさんとアテンドの仕事の関係で関わっていますが、
相変わらず素敵で優しい女性で、憧れちゃいます)

そうこうしているうちにガモン先生に呼ばれました。

ドクタールームに入って待っていると、ガモン先生登場。

「うわー!!なんて優しそうな先生なんだ!!!!」
終止、ニコニコされていました。でも、カウンセリングのときに
チ○コの触診があるんですが、そのときもニコニコされて複雑な気分。
すっごく恥ずかしくて顔からが出そうでした。いや、出ていたかも。

次の日が手術だったので手術に備え、早めにホテルに戻り
身の回りの準備をしたり、パソコンでなぜか遺言状を書いたりしていました(笑)

ちなみに手術前夜の12時から一切の飲食が禁止されます。


2008年2月10日
手術当日です。

10時ほどにガモンクリニックに入り、
脈拍や体重を測ったりした後、病室に案内されました。

その後、点滴を入れるのにナースが来ましたが、
もともと私、血管が出にくいんです。それは自分でもわかっているのですが…、
ナースが一度失敗して、針を抜いちゃったせいでがドピュドピュ吹き出て
真っ白なベッドが赤く染まってしまいました。
ナースはベロをペロっと出して「ソーリー」と言いました。
そのせいで私は更に「」を覚悟しました(笑)

点滴を入れたあとは、な、な、なんと!!!!
剃毛です。
どこを剃るか、と言ったらもちろん、アソコです。

可愛いナースの前でスッポンポンになって、
カミソリで丁寧に剃られます。恥ずかしい!
でもなんだか笑える光景です。

剃毛も終わり、手術!となるんですが、
その日は麻酔科の先生が他の病院で忙しくて遅れているそうで、
4時予定だったのが、7時になってしまいました。
7時半くらいに突然慌ただしく、手術室に移動されました。

そして、麻酔科の先生がそこで登場。
「今日、麻酔を担当する者です。よろしくね。」と英語で言われ、
「それじゃ、手術もう始めるけど、準備できてる?」と聞かれました。

ここで「ごめんなさい、やっぱり辞めます」って言ったらどうなるの?とか
バカなことを考えながら「はい、準備できています」と答えました。

すると!!!
「それじゃ、今から1、2、3って数えるよ。そしたら眠くなるからね。」
と言われ、先生が「1、2、、、、」と言った瞬間。

もう意識が飛んでいました

手術中のことは全く記憶にありません。
意識がふっと戻ったのは次の朝、6時くらいでした。
posted by: ソフィアバンコク | MTF手術経過(入院から退院) | 15:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
タイ入国
2008年2月8日。

いよいよ日本を飛び立ち、タイはバンコクに向かい出発です!

当日は2月ということもあり、結構冷え込んでいました。
しかしタイは常に夏のような気温とも聞いていたので
薄めの服に現地に着いたらいつでも脱げるようにパーカーを
2枚くらい重ね着してきました。

いろいろ手続きを済ませ…。

あ!このとき、海外保険にも入りました。
こちらに来られるお客様にはぜひ海外保険の加入お勧めします。
安心度が全然違いますよ♪

その後、出国ゲートに行き、お見送りをしてくれた両親に
綺麗になってきます!」と伝え飛行機に乗り込みました。

飛行機はもともと海外に住んでいたこともあり、
乗り馴れていましたが手術前ということもあってか何故か緊張!
飛行機のなかで眠ろうと思って前日寝ていなかったのですが
まったく眠くなりませんでした。

考えごとをしたりiP○dで音楽を聞いたりしていると、
「間もなく到着します。」のアナウンスが!

あー…。
ついに来てしまった。と思いました。
そのときは、ワクワク感やドキドキ感よりも不安感が大きかったのです。
だって、私の中のタイのイメージは「みんなボロボロの家に住んでる」でしたから(苦笑)

空港につき、飛行機を降りた瞬間!!!!

もぁぁぁーーーーーーっ。

湿気っぽい生暖かい空気が体全身を包みます。
「うわっ!!!!すごいじめじめしてる。それになんだか薬草みたいな匂いもする。」と
思いましたが、飛行機内は寒かったので最初は温かく感じました。
(飛行機に乗るのが初めての方は、なるべくジャケットを持ち込んで飛行機に
乗ってください!何回も飛行機乗っていますが…
快適な温度になったことはほとんど皆無です!笑)

降りてからは、入国審査のゲートに向かいます。待ちの列に並んでいる間、
ジワジワ汗をかきはじめました。たぶん緊張していたのかもしれません。

入国審査ではパスポートと入国カードを出したら質問もされずに
スタンプを押してくれました。もし何か聞かれても「サイトシーイング(観光)」と
答えれば大丈夫です♪

ゲートを出てから、空港内の待ち合わせ場所に行き、
担当者の方と合流しました。

夜に到着だったのでその日はガモンクリニック近くのホテルに滞在です。

空港を出た瞬間、あり得ないほどの熱気に包まれ、
汗が吹き出る吹き出る…。「タイって夜でもこんな暑いんだ。」
驚きました。
(でもタイに移住した今では、全く暑く感じません。お客様が暑い暑い言ってるのに
私とFTM担当の旦那は寒いーなんて言ってることもあります。人間の慣れは恐ろしい)

移動の車内でクーラーの恩恵を受けながらホテルへ。

その日は疲れていたのもあり、爆睡でした。
posted by: ソフィアバンコク | MTF手術経過(入院から退院) | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
予約の確定〜両親に認めてもらう
手術の日取りが決まり、その後は確定金として手術代金などを
いくらか振り込んだりしました。

でも両親は私のトランスセックスに否定的だったので
「女の見た目でもいいから、男でいて!」とか「ゲイでいればいいじゃない!」とか
言っていました。
たぶん、体にメスを入れたりさせるのが不安だったのでしょう。

だから実はタイに行く2週間くらいまで何もいわなかったんです。
(あ、手術代金や滞在費用は自分自身で頑張って貯めました♪)

私の誕生日が2月6日でした。
その1週間前くらいに母親に「今年は何が欲しいの?」なんて聞かれたときに
なぜか私はこれはチャンスだ!!!と思い(笑)、唐突に
「実は手術でタイに行きます。お金も既に払ってしまいました。
今年のプレゼントはママとパパが認めてくれることです。」なんて
我ながらにクサいセリフを言ってみました。

すると、ママの顔は凍りついていました。
「パパに何て言えばいいかわからない。」と言っていましたが、
「なんとかなるよ。」と私は能天気に部屋に戻って行きました。

その夜のディナータイム、家族会議です。

なぜかテレビもついていなく、凍り付いている家族たち。
すごーく重い空気でした。私はそんな空気を壊そうといろいろ話したりしましたが
みんな生返事。

するとママが突然「結羽、あのことパパに話しなさいよ。」
え?!いきなり?!と思いましたが、もう今日しかない!と思ったので
私「実は2月8日にタイに行く事になりました。」
パパ「なんでタイに行くんだ??」きょとん顔。
私「2月10日に性別適合手術をします。」

パパが少し沈黙して、
「どうせなるなら、世界一綺麗な女になれ。そうじゃないと俺は認めない。」
と言いました。

認めてくれました!

このパパの一言でやっと手術に安心して挑む事ができるようになりました。

次の日からはママと買い物に行くたびに
「結羽は辛いものがダメだからタイで食べる日本食とか買いなさい」と
大量にお菓子やお米などを買ってくれて…。

タイに行くときのスーツケースはこんな感じでした(実際の写真です(笑))
posted by: ソフィアバンコク | MTF手術経過(入院から退院) | 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
手術を決める
こんにちは♪
Sophia Bangkok MTF担当の槐 結羽(さいかち ゆう)です。
私自身もMTF当事者ですので性別適合手術を2008年2月10日行いました。

手術をしよう!と決めたのは2007年11月中旬。
ホルモン療法を始めてから約3ヶ月くらい経ったときくらいでした。

まだ半年も経ってないないのに手術は無謀なことだとは思っていましたが、
私自身当時は大学に通学していましたので、華の女子大生に猛烈に
憧れていたのです。そんな安直な理由でした(笑)
でも当時の私は大学にも性同一性障害の診断書を出して、女の子として通学してたので
体育の時間は苦痛でした
着替えのロッカールームではいかに素早くパンツを見せないで着替えれるか、
そして体育の時間中は、他の男子学生にいかに可愛く思われるか…。
でもやっぱり元男の子。握力測定ではなんと43kgを叩きだしてしまい、
周りの女友達から「えー?!結羽ってかわいい顔して怪力なんだね〜」なんて
言われ、その後大学を去るまで伝説として扱われました(笑)

さて、そんなこともあり、手術したい願望が日に日に強くなっていったわけです。

そこでまずはインターネットでどの病院で手術するのがいいかをリサーチし始めました。
するとMTFの多くはヤンヒー国際病院かガモンクリニックで手術をするみたいでした。
私は当時はどちらの病院の名前も知らなく…。ましてや、タイ!
タイなんて当時の私にはアジアの端にある、路上で薬やっていて倒れている人がいて
みんなが住んでいる家はボロボロのトタン小屋。。。なんてひどいイメージでした。
でも恐らく、タイで手術を考えている方の中でタイに来たことのない方は
少なからずこんなイメージではないでしょうか?

少し怖くなりながらも、ここで引いちゃダメだ!と思い、
当時通っていたクリニックからアテンドさんを紹介していただき
ガモンクリニック」に問い合わせをしてみました。

ガモンクリニックに決めた理由は、小規模な病院で一人一人しっかりと面倒を見てくれそうだったことと、何より担当ドクターが一人しかいないため、どの手術日にしてもガモン先生が担当してくれるからでした。
ヤンヒー国際病院ではMTFはグリチャード医師が多くを担当しますが曜日によっては
違う先生になってしまうと聞いたので。

さて、病院を決めてタイに行く以前に私にはクリアしなければ問題がありました。
そうホルモン療法歴です。

ダメもとでアテンドさんを通してガモンクリニックに問い合わせてみると…。

「顔の写真を送ってください。」という謎な連絡が来ました。

え???顔の写真???なぜ??ち○この写真じゃないの???などと思いながら、
頑張って自分撮りをし一番可愛い写真を(笑)ガモンクリニックに送りました。

すると数日後に返事が。

「見た目が既に女性なのでホルモンが1年未満でも手術ができます」

と、ガモン先生直々にメールが!

本当にホルモン大丈夫?!と思いつつも
手術に向けて動き始めました。
posted by: ソフィアバンコク | MTF手術経過(入院から退院) | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |